荒町商店街振興組合

PHOTO 荒町商店街振興組合

江戸時代、麹を独占的に販売する権利を与えられたため「麹の街」として発展。明治以降は麹屋が徐々に減り、業種の入れ替わりもありつつ、現在に至るまで小さな商人の町として、形を残しています。2023年には商店街のそばにある旧市立病院跡地に東北学院大学が「五橋キャンパス」を開設。2018年に「荒町100年プロジェクト」を立ち上げ、地域の学校や施設と連携し、400年以上の歴史があるこの町を、この先100年後も賑わう場所であるよう、子供たちや若い世代へ繋いでいくことを目指しています。

案内図

map
クイズ掲出場所〈ラリーポイント〉10:00〜18:00
交通ルールを守ってご参加ください。